東京都指定就労移行支援事業所 就労移行で障がい者の就職を支援するヒューマングロー

板橋・高田馬場・日本橋・葛西駅前
亀戸・錦糸町

高田馬場の歴史

タグ:, ,

ヒューマングロー高田馬場 スタッフのT・Iです。

寒さが一層厳しくなるこの頃ですがいかがお過ごしでしょうか?

 

ご存知の方も多いかと思いますが、今回は事業所がある「高田馬場」の地名の由来についてお伝えしようかと思います。

 

地名の由来は、高田君<たかだのきみ>と馬場だそうです。

 

高田君とは 、家康の息子、越後高田藩主松平忠輝の母で茶阿局(ちゃあのつぼね)のことです。「高田君」とか「高田様」と呼ばれていたそうです。

高田君はこの土地に庭園を造り、遊覧地としました。

その後この地に、徳川家により寛永13年(1636)に旗本達の馬術の訓練や流鏑馬などのための馬場が造営された事にちなみます。

 

実際に早稲田通り、早稲田大学手前の三叉路に史跡があります。<下記地図参照>

又、高田馬場駅近くの公園「都立戸山公園」にて、毎年10月の「体育の日」には流鏑馬が行われております。

歴史を知ると町の見え方も変わってきますね!

高田馬場

*ご興味のある方はヒューマングロー高田馬場までご連絡をお待ちしております!